「それ、何・・・?」意外な物で蜂を駆除しようとしたクマオの恥ずかしい失敗談

bee
クマオ

「こんにちは。月曜が一番嫌いなクマオです。」

今回の投稿はクマオの恥ずかしかった話です!笑

まぁ、これも教員の仕事だよってことで書いてみました!

読んだ方がクスッとでも笑っていただけたら嬉しいです♪

目次

それはそれは暑い夏の日でした・・・

夏休みが明けて間もない平日。

夏休みを恋しく思いながらも、久しぶりの生徒との学校生活を楽しんでいました。

日が落ち始め、部活動も終わりの時間になりました。

いつも通りの下校指導。

そんな中、数人の生徒が駆け寄ってきました。

危険生物を発見!!

「先生!大変です!」

クマオ

「どうした!?」

蜂の巣を見つけました!」

生徒の報告を受け、数人の先生方と共に現場に向かいました。

現場に着くと、そこには、だいたい握り拳ほどの大きさの蜂の巣がありました。

蜂の数は15匹ほど。

確かに少し大きめですが、田舎の先生たちは動じませんw

先生A「少し暗くなってきたし、駆除しちゃいましょう♪」

蜂は暗くなると飛びにくくなるので駆除には絶好のタイミング。

クマオ

「じゃぁ蜂ジェット持ってきます!」

フットワークの軽いクマオは職員室に走り、棚から蜂ジェットを取り現場に戻りました。

蜂ジェットは蜂の駆除に特化した殺虫剤で、田舎の学校の必需品。

これがあれば怖くない!まさに鬼に金棒

くらえ、強烈ジェット噴射!

クマオ

「じゃぁ吹きつけまーーーーす!」

蜂の巣に近寄り一気に噴射!

強烈なスプレーが蜂の巣を直撃!

ほーら!あっという間に蜂が落ちて…

蜂が落ち…

あれ?

蜂が死なない!

それどころか飛び始め現場パニック状態!

蜂は暗くなると「飛びにくく」はなりますが、まだ少し明るかったため飛んでしまったのです!

玄関にみんなでダッシュ!

緊急避難し、原因究明を始めました。

すると1人の先生が…

「クマオ先生、それ…何…?」

クマオ

「えっ?蜂ジェットですけど…お!?」

蜂ジェットじゃなーーーい!

スプレー缶に書いてあった文字を読むと…

空気の力でキーボードのホコリを強力除去♪

やってしまったぁぁぁぁぁぁ!

クマオが持ってきたのは「ブロワー」

強力なエアーでキーボードの掃除をするやつです。

もちろん殺傷能力ゼロ

クマオは蜂に対して「ただの空気」を強烈に吹きつけていただけでした…

めっちゃバカにされるクマオ…

言い訳させて…

でもね、クマオも言いたいことがあるんです!

こちらをご覧ください!

ジェット缶表

ねっ!?

言いたいことわかるでしょ!!

しかもね!裏向きで置いてあったの…

これ見てください…

ジェット缶後

そっくりでしょ!?

これがうちの学校は「スプレー関係」って分類で、同じところに置いてあるんです。

完全にひっかけだよ。

悪意の塊。

だからクマオは悪くない!

クマオの失敗から、この日をきっかけに、ブロワーと蜂ジェットは別の場所に保管されるようになりました。

人は失敗から学ぶもの

1つ賢くなったクマオでした。

くだらない話を最後読んで頂きありがとうございました♪笑

みんな、気を付けてね♪

written by Kumao (@kumao_chan1217)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次